• NPO法人【亘理いちごっこ】は東日本大震災後、罹災された方たちへの食事提供、地域内外の交流の場づくりを目的に立ち上がりました

感謝です

2016年3月22日

地域再生大賞優秀賞受賞報告

『地域再生大賞』とは、共同通信社と地方新聞社が協働で、地域で活動する団体を応援するべく2010年から設けられた賞です。第6回目を迎えた今年、優秀賞をいただくことが出来ました。斎藤貞亘理町長に報告に行って参りました。

http://www.47news.jp/localnews/chiikisaisei/taisho/2015/nominate_list.html

東日本大震災直後、炊き出し活動から亘理いちごっこの活動へとシフトしていくにあたり、その当時副町長であった斎藤氏にご尽力いただき活動場所を確保することが出来ました。あれから約5年。地域コミュニティを多少なりともつなげる団体となることが出来たのも、町の協力を始めたくさんの助成、ご支援をいただくことが出来たからこそと感謝の一念であります。

これからも地域にとって必要な団体となっていくことが出来るようみなさんの声を聴かせていただきながら進んでまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

町長訪問

2016年3月21日

寺子屋いちごっこ 「みんなありがとうの会」開催

2016.3.12.ありがとうの会集合写真https://www.facebook.com/watari.ichigokko/photos/pcb.978279855592633/978270462260239/?type=3&theater

大阪コミュニティ財団助成事業、宮城県震災復興担い手NPO等支援事業、そしてたくさんの方々の応援をいただき、今年度寺子屋いちごっこを運営してくることが出来ました。
東北大学学部内サークル「サークルいちごっこ」が立ち上がって4年。こどもたちと学生たちとのきずなが深まっています。勉強を見るだけではなく、様々なものを抱えたこどもたちに寄り添うお兄さんお姉さん。その姿がこの活動の支えでした。大学1年生からこの活動に関わり今年大学を卒業していく学生たち。こどもたちの学びの場であるだけではなく、大学では学ばない大切なものを学生たちはきっとここ亘理で得てくれたと思います。この出会いそしてこの頑張りに感謝です。

 

寺子屋いちごっこを支えてくれている東北大学学部内サークル【サークルいちごっこ】。大学1年生から4年間、大変な思いをしながら関わってくれた学生たちが卒業していきます。その学生からのメッセージです。

 

昨日、4年間関わってきた学習支援のサークルの最後のお疲れ様会がありました。元生徒達も来てくれて、感慨深い会でした。

私が高校2年の春、もうすぐ受験生というときに、東日本大震災が起きました。連日報道される震災の状況には、目を覆いたくなる光景が映し出されていて、私は普通に生活していていいのだろうか…と何もできずにもどかしく思っていた頃を今でも覚えています。
その震災が、私の志望校への思いをさらに強くしてくれたように思います。
入学できたら、「何か」自分にできることをやろうと思っていた その「何か」が、私にとって 亘理地域での学習支援となりました。紹介してくださった熱海さん、ありがとうございます!!
大学1年生の春に初めて亘理へ行ってから、大学の4年間は亘理地域での思い出でいっぱいになりました。子どもたちや保護者の方々、いちごっこの方々、いちごっこを通して関わることのできた方々…数え切れないほど多くの方との出会いがあり、今では亘理地域は私にとって第二の故郷のような大好きな場所です。

生徒とうまく接することができなかったこと、教え方に悩んだこと、サークルの運営での迷いなど大変なこともありました。
しかし、こうやって続けることができたのは 多くの方々の支えがあったからです。笑顔とパワーをくれた生徒たち。温かく声をかけてくださった保護者の皆様。サークル運営に多大に関わってくださった亘理いちごっこの馬場さん、送迎をしてくださった勉さん杉本さん、美味しいお弁当を作ってくださったり、学生のフォローをしてくださったいちごっこのスタッフの方々。いつも温かく見守ってくださった藤迫さん。そして、学生の皆さん。挙げればキリがありません。

4年間活動でお世話になったすべての方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。亘理地域との出会いは、私の人生の中でとても大きなものです。私は、この亘理との繋がりをずっとずっとずっと大切していきたいです。大変お世話になりました。

2016年3月21日

2016 和やかコンサート開催しました

https://www.facebook.com/watari.ichigokko/photos/pcb.978303758923576/978291652258120/?type=3&theater

JT日本たばこ産業助成事業、支援をご縁に救援隊支援事業、赤い羽根共同募金ボラサポ事業のご協力をいただき<2016 和やかコンサート>を開催することが出来ました。ご支援ありがとうございました。3月19日荒浜児童館、野地集落センター 20日上浜復興住宅集会所にて開催しました。たくさんの笑顔が広がりました。
最終日はソプラノ、ピアノのコンサートだけではなく、ギター弾き語り、野馬追連による阿波踊りや篠笛が披露されました。野馬追連のみなさんは南相馬で活動。今回のご縁も南相馬と亘理の仮設住宅とのつながりによるもの。そしてこのたくさんのご縁をこのコンサートにつないでくださったのが「支援をご縁に救援隊」。震災直後から被災地に今まで70回はいり様々な団体、活動を支えてきてくださいました。救援隊は今回の活動を一つの節目とされるとのこと。その節目の時に南相馬の方々とまた一つの新しいご縁が生まれました。被災地域同士の支え合いが生まれていくことに希望を見つけることが出来ました。

2015年1月10日

【みんなのとしょかん】さん ありがとうございます。

20150110_01
20150110_02

先日みんなのとしょかんさんから、寺子屋いちごっこに集まる子供たちにお年玉をいただきました。
なんと!!<図書カード>!!!
全国からご支援いただいたカードをこどもたちにと届けてくださいました。全国から応援くださるみなさまありがとうございます。
そしてそれをつないでくださった【みんなのとしょかん】さん、ありがとうございます。
小学1年生から中学3年生、時には高校生が集まって勉強したり、イベントを自分たちで組み立てたり。
週3回、いちごっこの友達や、学生先生たちに会うことを楽しみにやってきてくれます。
・・・勉強ももちろん!100マス計算に始まり、集中して取り組んでいます。勉強と交流。この絶妙なバランスがこどもたちの成長に欠かせないなと日々感じています。
そんな中でのご年始サプライズ!!
一人一人名前が呼ばられ、一人ひとりご年始のごあいさつ。
なぜかはにかみながら喜んでいました。
こどもたちの笑顔がこれからも続きつながっていく活動としていきます。
本当にありがとうございました。

2015年1月2日

2015 新年あけましておめでとうございます

20150102_01画 高岡洋介氏

2011年 5月の立ち上がりから早3年半。
みなさまからの沢山のご支援の下、
被災地におけるコミュニティづくりを行ってくることができました。
本当にありがとうございます。
昨年末に行った【クリスマスお茶サロン】
~仮設住宅での笑顔をこれからに~
地域内外のつながりをそしてこれからの活動で何が必要かを
今一度かみしめた会となりました。

2014年 7月
これまで町の集会所、そしてレンタルプレハブでの活動に終止符を打ち
トレーラーハウス、プレハブを購入し新拠点地を設けることができました。
日本政策金融公庫などからの借り入れを受け、
またみなさまからの応援を頂きながらのリニューアルとなりました。
地域における、そして地域をつなげる交流の場づくりを今後も行っていくため
下支えできる事業の確立を新年度はさらに目指していきます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
至らぬことばかりの私たちですがメンバー一丸となって取り組んでいきます。
どうぞ叱咤激励の程引き続きお願い致します。

20150102_02
リニューアルした〈いちごっこキッチン・散歩道〉前にて

PAGE TOP